パンクズリスト

試合日程・結果

【試合会場】北勢球場 【開始】09:55

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
セントラルアーチ 0 0 0 0 1 0 0 1 4
エディオンBLITZ 0 4 2 4 0 0 X 10 8
  セントラルアーチ エディオンBLITZ
バッテリー 浅井、岡田、秋田-藤原 渡辺、瓦井、池-奥
本塁打 小林(ソロ)、西村(2ラン)
3塁打
2塁打 小笠原、柴田

第12回エディオンカップの予選は最終代表戦を迎え、6月22日北勢球場で、「第一試合」エディオンBLITZ対セントラルアーチ・「第二試合」矢場とんブースターズ対愛知ベースボール倶楽部の4チームで第二代表枠を争った。
エディオンは第一試合に登場してセントラルアーチと対戦、結果は10-1で7回コールド勝ちを収めた。
先発の渡辺は前半から力強い投球を見せ、威力のある速球をコーナーに投げわけ6回までに7個の三振を奪い勝利投手の権利を得て7回からは瓦井・池に引き継いだ。
打線は2回に小林のホームランなどで4点を先制した後、3回には相手のミスに乗じ2点を追加、さらに4回には安打の志村、四球の大野を塁に置き、小笠原がレフト線に2点二塁打した後、西村がレフトへ2ランホームランを放り込みこの回4点、合計10点目を奪取した。
今日の試合は送りバント、犠牲フライに長打を絡め効率の好い加点をし、前の試合でできなかった野球で快勝をものにした。



先発した渡辺(14)は6回を投げ被安打4、四死球2、奪三振7、失点1で勝利投手となった。5回6回と出塁を許すようになったが、全体に制球がよく捕手(奥)の構えるミットに答えていたように見える好投であったと評価する。




2回、小林(29)は力強く振りぬき先制となるソロホームランをライトスタンドポール際へ運んだ。




2回:二塁打の柴田(4)と四球の西村を安田(24)がセンター前ヒットで迎え入れた




2回、四球で塁に残った奥(39)を志村(26)の犠牲フライでこの回の4点目を奪った。(奥はこの日3打席3四球と警戒を受ける)
3回には相手のミスと安打の小林を西村がレフトへ犠牲フライでホームへ迎い入れ2点を追加





4回、安打の志村(26)と四球の大野(10)を塁に置き、小笠原(5)がレフト線へ2点二塁打を放つ。




4回、西村(6)はタイムリーの小笠原を二塁におき、ダメ押しとなる2ランホームランをレフト越えに放り込み10点目をゲット




7回は渡辺から引き継いだ瓦井(19)と池(16)がそれぞれ四球を与えながらも何とか締めたが、このような試合ではビシッと無四球で終えてほしいものである。


page up