パンクズリスト

  • TOP >
  • 試合日程・結果 >
  • 2019エディオンカップ決勝L:タイブレーク制す「Jグループ」戦

試合日程・結果

【試合会場】北勢球場 【開始】09:30

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
エディオンBL 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2 4 6
jグループ 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2 6
  エディオンBL jグループ
バッテリー 西本、池-野田 吉田、木村-松田
本塁打
3塁打
2塁打 山田、志村

今日はエディオンカップ予選・全日本クラブ選手権予選と連敗を喫している「Jグループ」が対戦相手である、特に苦手な印象ではないのだがBLITZの投手が勝手に崩れて無用な点を与えている試合が目に付く。
今日も8回で「1-2」2点はいずれもエラーによる失点で投手の自責点は「0」の状態、このまま負けたら「投手は浮かばれないな~」という雰囲気が漂う試合進行でしたが、9回に最近不振の小笠原が先頭打者で安打を放ち意気が上がった。
続く林はすかさず送り、野田の内野ゴロの間に小笠原を三塁へ進めた、ここで市川に代わり代打に前田を送る、都市対抗、矢場とん戦で途中出場ながら2安打を放った前田には大きな期待した。 彼はそれに答えてくれてセンターへはじき返し小笠原を迎え入れ同点とした、続く志村も二塁打で「一気に逆転だ」と盛り上がったが、本塁クロスプレーでタッチアウト!残念だが同点止まり。
試合は10回からタイブレークとなったが後半勢いづいたBLITZに流れは傾いていた、相手投手も代わり無死1・2塁から9番村上が送る。 ここで先発投手に苦戦していた小林がタイムリーで二者を返した、10回裏西本は送りバントで一死を取った時点で投手を池にスイッチ、池は四球をひとつ出し、一死満塁とするも後続を抑え「4-2」で見事な逆転勝利を収めた。やはり走者をいかに三塁まで進めておくかで得点できる確立は大いに拡大することが良くわかる試合でもあった。




西本(20)は攻められながらも9回1/3を2失点(自責点「0」)で投げた、池(16)は10回のしびれる場面で登場し、無失点で抑えきった。





4回の一点は山田(35)二塁打、西村(6)安打、小笠原四球で満塁から柴田(4)が死球による押し出しでの1点だが無死満塁から結局「0」で相変わらずの拙攻である。
相手の守備は1点覚悟の中間守備だったにもかかわらず追加点を取らない「人の良いチーム」だなと思うのはおかしいかな?




9回は小笠原(5)の安打から送りバントや内野ゴロの間に三塁まで進んだところで代打前田(22)のタイムリーによる同点劇。




一気に逆点と志村(26)が二塁打を放つが、一塁代走ランナー安田(24)はクロスプレーで残念ながら本塁憤死!




タイブレークになった10回には村上(46)の送りバントに答え、小林(29)が2点タイムリーでついに勝ち越し。 裏の回を死守しそのまま勝利。




久々の勝利に竹下監督も満面の笑みで応援に感謝していた。


page up