パンクズリスト

  • TOP >
  • What’s new >
  • 2018年「新年会議」を新加入選手紹介を含めて開催

What’s new

1月14日 名古屋市東区“メッツ大曽根”にて新加入選手を含めた「新年会議」が開催され、青木部長・エディオン石川事務長・竹下監督による新年の挨拶が行われました。
会議では同時に今年新加入(新人・移籍)の11名の選手紹介もされました。
昨年2017年は選手の世代交代もあり、特に見せ場も無いまま終了してしまった感があったが、就任3年目を迎える竹下監督には選手補強を含め明確な方針の実行で、各大会での上位を狙ってほしいところである。




部長挨拶の中では選手として・クラブチームの一員としての考え方、スポンサー「エディオン」への感謝の気持ち、今年の目標などが話され、選手は真剣に聞き入っていた。


エディオン石川事務長からは、スポンサーとして微力ながら皆さんの野球環境を応援していきたいといただきました。


監督は社会人としての「あいさつ」「礼儀」「身だしなみ」などについて、社会人としての心得の注意をした後、今年のテーマとして「走塁の強化」が挙げられた。
貪欲に一つ先の塁を狙い、どんな形でも点を取るという意識、また投手には制球力を向上させ「打たせて取る」を心がけるようにとの方針が語らえた。
それらを踏まえて、「今年はどの大会においても優勝を目指していく」と力強く宣言をした。


最後に新加入の11名が自己紹介を行い、抱負とともに試合での活躍をそれぞれが誓っていました。
「移籍や他リーグ経験者など即戦力もあり、期待のできる補強になったと感じている」と部長も感じていたようだ。
なお、選手登録の関係で、「選手紹介」の画面は今回の新人11名は記載されていません


page up