パンクズリスト

  • TOP >
  • What’s new >
  • 2019年エディオンBLITZ納会

What’s new

2019年の締めとして選手納会を行いました。
今期は公式戦を16試合行い、9勝7敗と2つの勝ち越しで終了していますが、チーム打率は0.277・防御率4.55となっていて投手力に不安を感じました。
中でも与四死球が多く2回に1個は四死球を出している換算になっていました、当然失点につながるものなので、2020年は改善を図るようにバッテリーコーチにもお願いをしておきました。
また、惜しまれながらも今年チームを離れる選手が次の4名*小笠原康人*安田世成*宇榮原 晃 マネージャーを務めた*大町 聡 チームを離れても時々は試合には顔を出して後輩達の激励をしてください、特に独立リーグへの挑戦をする小笠原には新天地での活躍を祈ります。
年間成績上位者は以下のとおり
打者部門
首位打者 =志村 清
最多打点 =小笠原康人
最多得点 =山田 達貴
最多本塁打=高柳 翔宇
最多三塁打=山田・村上・小笠原・矢代(同数)
最多二塁打=小笠原康人
最多盗塁 =山田 達貴
最高出塁率=山田 達貴
投手部門
最高防御率=西本 臣慶
最多勝数 =西本 臣慶



納会は野球人らしく、中区錦にある「居酒屋ベストナイン」で行いました。



竹下監督が所要で不在でしたが、一年の労を吹き飛ばすように楽しく納会は進みました。



閉めの言葉は青木部長が勤めました、「今年の苦労は本日拭い取り、来年に向けて鋭気を養い皆さんには頑張っていただきたい、また来年はオリンピックの関係で例年と公式試合のスケジュールに変更が生じるので気合を入れて戦うぞ!いいですね!」と渇を入れていました。仕事を抜け出してエールを送りに来てくれありがとうございました。


元気いっぱいの選手たちは、無冠に終わった本年の厄をはらい、2020年には栄冠を勝ち取るような明るく力強い団結で2019年の最後を締めました。「ガンバレ!エディオンBLITZ」


page up